このウィンドウを閉じる
絵描きさんの絵心・センスがとわれる技法です。
柄染めの加工に手描き・型染め・ナセン染めなどがありますが、ここで紹介しますのは柄のふちになる部分に糊を置かずに直接描いてゆく技法です。
まず、着物の生地と同じくらいのサイズの紙にイメージした柄の下絵を描きます。この下絵で着物の柄がおおよそ決まりますが、実際に描く時にも柄を足したり、省いたりしますのであくまでもイメージデッサンです。
着物生地を前もってぼかし引き染め・蒸し・洗い・ゆのし加工を済ませた後に、紙のデッサンにもとずいて直接絵を描いてゆきます。柄の色出しなどの表現が問わます。
同じ絵でも絵描きさんによって違いがうまれます。
素描の場合、ソウコウ(柄の精密図案)・糊置きが必要とされませんので着物が仕立てあがりましてからもが柄をたすこともできます。
お客様がイメージされました色柄の着物もこの素描染めによって多数制作しております。
仮縫いを済ませた着物(振袖)です。
自分の描いた絵やお気に入りの写真・絵を着物にしませんか?   お問い合わせ下さいませ。
Copyright (c) 2005 All Rights Reserved ShochuzomeSomemoto Honbaoshimatsumugi Kimono-kozo
不許複製・禁無断転載 焼酎染め染元 本場大島紬 きもの幸造